/ 愛液

温かい感触・・・風俗体験記

本日は地元で定番になった
『おっぱい◯◯◯◯◯』へ電話。

色んな女の子を試したいので
おまかせでお願い。

少し混んでいたようで
50分ほどで到着。

「遅くなってごめんなさい」
申し訳なさそうにする姿
結構好きです。

愛想の良い女の子に
服を脱がされ全裸に。

女の子は自分で服を脱ぎ
眼の前に綺麗な体。

スレンダーなボディに
程よい大きさのおっぱい。

その場で貪り付きたくなる
欲求を抑えてベッドへと移動。

二人で寝転がり密着するように
抱き合います。

その間に背中やお尻周りを
優しくなぞると
超スベスベお肌。

あまりの触り心地良さに
ムクムクと大きくなるチンコ。

ビンビンになるチンコを
太ももで感じた女の子は
「もう大きくなってる」
ニコリと微笑んで唇を重ねてきます。

濃厚なDKで舌を絡め合いながら
右手をおっぱいへと伸ばすと
すでに乳首が起ってます。
Untitled-1-6
それを摘んでクリクリとイジると
「んっ・・・」
重ねている唇の奥から
吐息が漏れてきます。

唇をなぞるように舌を離し
そのまま勃起乳首へ。

おっぱいを優しく揉みながら
隆起する乳首をペロペロペロ。

「あっ・・・気持ち良い・・・」

両手で両おっぱいを揉み
両乳首を交互にペロペロペロペロ。

「あっ・・・んっ・・・」

女の子の感度が上がってきたところで
おっぱいは揉み続けながら
舌は下半身へ。

女の子の股に顔を滑り込ませ
皮をかぶっているクリを
ペロリと一舐め。

「あんっ・・・」

両手も下半身へと移動させ
足の付根をもって
アソコをパクッと拡げます。

「恥ずかしい・・・」

言葉とは裏腹に
見た目でも分かるほど
中は濡れています。

唾液を含んだ舌で
拡げたアソコの中を
ペロペロペロペロ。

「あっ・・・あんっ・・・」

ネチョネチョになったところで
勃起しているクリの皮を剥いて
ペロペロペロペロ。

「だめ・・・だめっ・・・イッちゃう・・・」

クリを舐め続けながら
二本指をアソコの中へ挿入。

クチュクチュクチュクチュと
高速で振動させ
クリは続けてペロペロペロペロ。

「イッちゃう・・・イッちゃううぅぅぅ!」

下腹部をビクンビクンさせて昇天。

溢れている愛液を
ペロペロと丁寧に舐め取りながら
ビンビンのチンコを女の子の口元へ。
Untitled-2-9
自然と体勢はシックスナインに変わり
女の子の唇がヌプっと
亀頭をくわえ込みます。

温かい感触を味わっている
亀頭部分を舌でレロレロ。

「ウッ・・・」

気持ちよさを感じながら
女の子のアソコをペロペロ。

「んっ・・・」
声を漏らしながらも
女の子はチンコを口から離しません。

女の子の唇がジュブジュブと音を立て
リズミカルに竿を上下します。

私はお尻を掴んで尻穴を拡げ
クリを弄りながらアソコ全体から
尻穴までペロペロペロペロ。

女の子の唇がチンコから離れ
「んっ・・・あっ・・・」
声を漏らしながらも
唾液まみれのチンコを
先っぽから竿の根本まで
シコシコシコシコ。

私は尻穴に鼻を押し付け
ニュルニュルのアソコをペロペロしながら
クリを高速で摩ります。

「また・・・またイッちゃう・・・」

そう言ってチンコ全体のシコシコを続けながら
懸命に舌を出して亀頭部分をペロペロ。

「お、俺もイキそう・・・」

女の子の手の動きが早くなり
私の舌の動きもそれに合わせます。

「イッちゃう、イッちゃう、イッちゃううぅぅぅ!」
「イ、イクね・・・」

昇天する女の子の口元へ大量発射。

女の子はそれを舐め取って口に含んだあと
再度チンコを咥えこんで
残り汁まで綺麗に搾り取ってくれました。
Untitled-1-7
(料金)
 交通費無料
総額 13000円
お店の評価(5段階で)
女の子:★★★★
受付:★★★
総合:★★★★

女の子の二度の昇天、同時に昇天
気持ちよくプレイし終えて
最高の気分になれました。

温かい感触・・・風俗体験記
Share this