/ つくばデリヘル

プリプリの・・・風俗体験記

今日も楽しい楽しい
ネットで風俗検索をしていると

『乙女○○』

私が忘れ去っている
純情な雰囲気を漂わせる店名が・・・

HPから女の子、出勤時間、スリーサイズを確認し
純情からは程遠いエロエロな気持ちで早速電話。

「すぐに向かえますよ」

ということで、ホテルに入って待機。

お茶を飲みながら一服していると
すぐにチャイムが。

扉を開けると

わあーーー!

小柄な超可愛い子が立っていました。
心の中でガッツポーズです。
Untitled-2-2
玄関で挨拶を済ませ
女の子に手を引かれて
部屋の中へ。

私の顔はもうデレデレ。

そのままベッドの前で
女の子は私の服を脱がせ
ズボンのベルトを緩めます。

ズボンを脱ぎながら
何度もフレンチキス。

ズボンを脱ぎ終えると
唇を重ねたままパンツの上から
チンコをグニグニと触ってきます。

んぐっっ・・・となる私。

当然のように
チンコはビンビンに。

女の子は一旦手を止め
向こう向きで私の前に立つと

「ファスナーを下ろしてください」

そう言われて
ワンピースのファスナーを下ろします。

目の前には
綺麗な背中
程よいクビレ
そしてTバック尻が!

下着姿の女の子はこちらを向くと
再び顔を近づけ唇を重ねてきます。

今度は舌を絡めた
濃厚なディープキス。
さらにチンコも指先でソフトタッチ。

タッチされるたび
んぐっ・・んぐっっ・・・となる私。

女の子は再び向こう向きで私の前に立ち

「脱がせてください」

言われるまま
ホックを外してブラジャーを取り
Tバックを下ろそうとすると
少し前かがみになって
お尻を突き出す女の子。

私の顔に近づく
プリプリのTバック尻!

こ、これは完全に理性をやられちゃいます!

Tバックをゆっくりゆっくり下ろし
全裸になった女の子を
舐めるように観察します。

小柄ですがメリハリのある
グラマーボディー!

思わず抱きつき
そのままベッドへ。

女の子に顔を近づけ
チュッとキス。

体を起こして
ディープキスしながら
女の子の体を撫でまわします。

「ん・・・んん・・・」

反応する女の子の顔は
絡み合っていた舌を離し
首元、胸へと移動していき腰へ。

すでにビンビンのチンコを掴み上げ
玉袋からチンコ全体を
舌先で丁寧に舐めあげます。

そして、チンコを口に含み
唇を根元までストロークさせます。

可愛い顔でチンコを咥える
女の子の口元をガン見していると
体勢を変え右足が私の顔を通り越して
プリプリのお尻が目の前へ。

「触って・・・」

言われるまでもありません。
私は人差し指を突き出し
女の子の割れ目に沿うように
ゆっくりゆっくり指を動かします。

アソコはビチョビチョと音を立てだし
その音に混じって

「あっ・・・んっ・・・」

小さな可愛い喘ぎ声。

かき消すように
チンコを口に含む女の子。

「うっ・・・」

私の声も漏れます。
だが、ここで果てるわけにはいきません。

私はクリに指をあて
高速で振動させます。

女の子は体をピクッとさせ

「あっ・・・あぁぁ・・・いぃ・・・」

先程より大きくなった喘ぎ声。

体勢を変えて
私は女の子に覆いかぶさり
ディープキスしながら
太ももや足の付け根を優しくナデナデ。

そして、乳首舐めながら
二本指でアソコを触ると
もうグショグショです。

女の子は自ら足を開きます。
無毛のアソコをガン見しながら
顔を近づけアソコ全体を
ぺローンと一舐め。

そのままアソコをペロペロペロペロ
舐めあげてからの
クリを集中舐め!

下腹部をヒクヒクさせて

「あああ・・・ん」

と声を出す女の子。

女の子のほうから指入れを要求。
要求通り指を入れて
グチョグチョの中を振動させながら
舌ではクリをペロペロペロペロ。

「あぁ・・・あああぁん・・・だめ・・・」

声は激しくなり

「イ・・・イクーーーッ!!」

叫び上げて
体を反り返らせます。

私がそのまま続行すると
姫は私の頭を押さえつけて

「また・・・またイッちゃう!!!」

再び昇天しちゃいました。

今度は女の子に責めてもらいます。

私が仰向けに寝転ぶと
女の子は私に覆いかぶさって
ディープキス。

唾液を引きながら
下へ移動。

私の乳首を舐めながら
お尻をこちらに向けて
シックスナインの体勢になります。

女の子のお尻の割れ目に顔を埋め
アソコや尻穴を舐めまくり!

私の唾液と女の子の愛液が
激しく絡み合います。

チンコを咥えながら
グイグイお尻を押しつけてくる女の子。

尻肉に頬っぺたをくっつけ
鼻をアソコに埋め
クリを舐めまくり!

女の子は
「あっ・・・あああ・・・」
と声を出しながら
下腹部をヒクヒクさせます。

私のチンコもそろそろ限界です!

私が
「イキそう・・・」
と言うと
「いっぱい出して・・」
と言う女の子。

お言葉に甘えて
「イ・・・イク・・・」
お口の中へ発射しながら
舌はクリを高速振動。
「ん・・・んんんっっっ!!」
私のものを含んだまま
女の子も昇天しました。

時間となって
二人で服を着て
「また呼んでね」
女の子は帰っていきました。

Untitled-1-4
(料金)
 1000円割引・交通費無料イベント使用
 総額13000円+ホテル代
お店の評価(5段階で)
女の子:★★★★
受付:★★★
総合:★★★★

小柄で可愛らしい女の子は
とにかく私好みでした。
機会があればまたお願いしたいですね。

プリプリの・・・風俗体験記
Share this