/ おっぱい

丁寧に・・・風俗体験記

フェラテクを堪能しよう!
ということで本日は
『◯○◯◯○◯』へ電話し
一番早く来れる女の子を
おまかせでお願い。

20分ほどで到着した女の子は
清楚な雰囲気の女の子。

こんな清楚な女の子が
私のチンポを・・・
想像しただけで興奮してきます。

軽くお話して
女の子の服を脱がせていきます。

どんな体が現れるのか・・・

ホックを外してブラジャーを取ると
張りのある大きな美乳が!

早速モミモミしながら
私も服を脱がせてもらいます。
Untitled-2
二人共全裸になったところで
ベッドへと移動し寝転がります。

私が覆いかぶさると
女の子は静かに目を閉じます。

チュッ、チュッと軽いキスをしてから
舌先を滑り込ませ
激しく絡め合います。

ディープキスしたまま
おっぱいに手を伸ばし
乳首にそっと触れると
体をピクッとさせて
「んふっ・・・」
と声を漏らす女の子。

手のひらで弾力のあるおっぱいを揉みながら
指先で乳首をイジイジイジイジ。

「んっ・・・んっ・・・」
ピンク色の綺麗な乳首は
ビンビンに勃起しています。

私は唇を離し
勃起乳首をパクリ。

咥えこんで吸い付きながら
口内で先っぽをレロレロレロレロ
おっぱい全体をモミモミモミモミ。

「んっ、んっ、んっ・・・」
体をモゾモゾさせながら
喘ぎ声も徐々に激しく。

唇を離して唾液まみれの乳首を
二本指で優しく弄りながら
私の舌は女の子のアソコへ。

綺麗に手入れされたアソコ全体を
ペロンと一舐め。

「んっーー!」
悶えて揺れるおっぱいを見上げながら
ビラビラを目一杯拡げ
潤っているアソコの中を
ペロペロペロペロ。

「んっーー、んっ、あんっ・・・」
二本指を軽く挿入してクチュクチュクチュクチュ。

「だめ・・・イッちゃいそう・・・」
クチュクチュしたまま
勃起しているクリをペロペロペロペロ。

「イッちゃう、イッちゃう、イッちゃうぅぅ!!」
腰をビクつかせ、おっぱいを揺らしながら
女の子は昇天。

私はアソコを舐め続けながら
「んっ・・・」
吐息を漏らし続けている
女の子の口元へビンビンになっている
チンコを持っていきます。

女の子はゆっくりとチンコを掴み
体を私の上に持ってきます。

自然な流れでシックスナインの体制に。
Untitled-1
目の前に現れた丸みのあるお尻を
思いっきり拡げ
舌先を尖らせて尻穴をペロペロ。

「んっ・・・」
女の子は声を上げながら
竿をシコシコしながら
亀頭部分をパクリ。

温かい口内で舌をレロレロされ
「んっ・・・」
今度は私が声を上げる番です。

竿の付け根から鬼頭の先っぽまで
丁寧に舐めあげ
再びチンコを咥え込むと
シュバジュバと音を立てて
唇をストロークさせます。

女の子の唇が上下するたび
お腹の上で揺れるおっぱい。

私はチンコをピクピクさせながらも
尻穴もビラビラも目一杯拡げて
舌を細かく動かしレロレロレロレロ。

「んっ、んっ、んっ・・・」
女の子は悶えながらも
シュバジュバフェラを続け
竿に手を添えてシコシコを加えてきます。

私は尻穴とアソコをレロレロしながら
人差し指でクリをサスサスサスサス。

女の子はジュボジュボと音を立てながら
口内でペロペロとチンコを舐めています。

「イキそう・・・」
私はそう告げて
更に激しくアソコをペロペロ
クリをサスサスサスサス。

「んんんっーーーー!!!」
女の子は腰を激しくビクつかせ
ジュボジュボフェラ、シコシコのスピードを上げ
大量発射した私のものを昇天しながら
全て口内で受け取ってくれました。

処理したあとも
寄り添って寝転び
おっぱいを揉みながら
少しお話したところで
時間となりました。
Untitled-2-1
Untitled-3-copy
(料金)
 交通費無料
 2000円割引
総額 14000円
お店の評価(5段階で)
女の子:★★★★
受付:★★★★
総合:★★★★

一緒に昇天しながらも
きちんと全て受け取ってくれる
最高の時間を過ごせました。

丁寧に・・・風俗体験記
Share this